Home > 製薬会社で働く医師

製薬会社で働く医師

医師が若い間は製薬会社が医師に求めるものは、医学知識の提供です。
持っている医学知識から、研究の方向性について助言することが最も重要です。

一研究者として働く働き方を選ぶこともできますが、製薬会社には多くの化学や薬学を修めた研究者がいますので、実際の実験は彼らに任せ、自分は指導者として働くことが多いです。
その点からはかなり優秀でないとそのポストは務まりません。

二番目は開発部門のメンバーとして働く働き方です。臨床試験で起こる様々な疑問を、医学知識を用いて他の開発部員にアドバイスすることが大きな役割又、学生時代のつながりで、大学の研究者や病院の医師と、開発に関わる問題を議論したり、説得したり、調整したりします。
ある程度の年齢になると大学での同期生もある程度のポストについていることが多く、そのパイプは重要なものになります。

三番目は経営者としての働き方です。製薬会社での経験を積み、経営方針や経営プランの作成に関与することもあります。
このレベルになると、医学知識より、経営者としての能力が問われます。社内での人数も限られ、MBAなどの資格を持った人達と経営面での能力を比較されるので、競争は厳しいです。医学面での知識と、経営能力の獲得が必須です。