Home

医師免許を利用して一般企業で働く

環境を変える

医師の方でも一般企業で働かれている人も多いようです。医師は給与水準はやはり高いですが、待遇があまり良くないということや拘束時間も長いためなかなか働きにくいということがよく聞かれます。病院自体が患者がいつ運ばれてくるかわからないところですので、時間の融通が利かないという面があります。時間の自由がきかないことで家族との時間がなかなか取れないという人もいますし、そのことが原因となって不仲になり、離婚してしまうところもあります。

そういった環境を変えるために医師の方でも一般企業に転職する方というのが増えてきています。最近では大手企業も簡単な診察室などを設けており、ちょっとした怪我などを見ることができるスペースを作っています。社員の健康を考えているということで評判が良い企業もあります。また、私立の学校の保健室の先生として採用されている方も多いです。医師なら必ず病院で働かなければいけないという時代ではないわけです。

一般企業で働くこともできる

医師免許を取得したら、病院やクリニックに勤めるものだと思っている人が多いものです。しかし、医師免許を利用して一般企業で働くこともできます。主に産業医として働くことになります。大企業の場合、社員数が多いため、社員の健康を考えて専属の医師を迎え入れることがあり、そういったところへ就職すれば、病院以外でも働くことができるというわけです。

もちろん、医師には変わりません。やるべきことは同じですが、その企業の社員となるという点が病院やクリニックに勤めるのとはちょっと違ってきます。最近では会社の人間関係に悩んだり、仕事のストレスを積み重ねたりすることによって、うつ病になってしまう人もたくさん居ます。

そういった人たちにとって心のオアシス的存在となるはずです。また、仕事によってケガをしたり、病気になってしまったりすることもあります。そんな社員たちの健康管理をすることが産業医として働く医師のやりがいとなるものです。

医師が近くにいることが必要になることも

ビジネス活動の拠点となる企業の担い手は人間であるため、ビジネス活動を行なっていく間に健康を害してしまうこともままあります。企業が行なう活動には特殊なこともありますし、現場によっては仕事の危険度も異なってくるので、医師が近くにいることが必要になることも容易に想像できます。

つまり、医師免許を持って一般企業で働く際の勤務可能な場所は必ずあると考えたわけでして、その場所を調べてみることになりました。調べてみると、医師免許を持って一般企業で働く時の勤務可能な場所は、企業内にある医務室が一般的であると知りました。

さらには、規模が大きな大企業になると企業所有の医療施設で働くことが可能になっていることも分かります。
企業の社員が健康に過ごせるように常駐したりする医師のことを産業医といいまして、医師免許を取得してからの就職先としてはやりがいのある職場です。特に、危険性の高い化学物質を扱う製造業においては万一の時のために産業医は常駐するのが通例ですので、ビジネス分野への貢献もしながら医療活動に従事したいと考える医師にはぴったりの職場だと思います。